「豚熱」防御線を移動 ワクチン散布も続く侵入 西日本防疫最前線のまち/兵庫・丹波市

おはようございます、よりよりです。

豚熱の最新情報をお伝えします。

養豚に甚大な被害を与える豚熱(CSF)の感染拡大を防ごうと、全国で野生イノシシへの豚熱経口ワクチンの散布が進んでいる。西日本の防疫最前線の兵庫県で、感染が確認されたイノシシの頭数が県内市町別で最多の丹波市は5月15日―6月27日に60カ所で実施した。京都府との府県境の丹波市。2020年春―昨秋の2年間は、県内への侵入を防ごうと、市の東部の京都府県境で重点散布したものの食い止められず、今回は散布ラインを西へ移動させた。県畜産課によると、人間でいうところの接種率や抗体保有率など数値目標の設定はしておらず、「一つでも多くかんでくれることを願うのみ」とコントロールが効かない野生動物に手を焼いている。

山口県で飛び地感染が確認されたが、岡山県、鳥取県は感染未確認。丹波市を含む県内8市がワクチン散布を実施、うち5市が南北に縦の防御線を張っている。餌とワクチンを混ぜたカプセルをイノシシに経口摂取させ、抗体をつけることで豚熱ウイルスに感染しづらくさせ、感染拡大を抑える。イノシシが出没しそうな場所を選んでカプセルを埋め、イノシシがかんで吐き出したカプセルを後日回収する。

リキ
ポチッとして応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

実はこの記事、長い記事なので極一部のみ掲載しています。

非常に興味深い記事ですので、ぜひ上のリンクをクリックして全文をご覧になってください。

約3分ほどで読み終えることができると思います。

 

カシン

ここから買い物をしてくれると

みんなの負担額はゼロ円で僕のおやつが増えるよ!

ですが、忙しい方のために要約しますと

・ワクチン入りのカプセルを撒き、後日回収してイノシシが食べたか確認している

・判別がつかない場合は、動物の足跡などからイノシシかどうか猟師の経験で判別する

ですね。

あと、僕ら猟師にとって注目すべき記事を引用します。

場所によって濃淡はあるものの、猟友会員は丹波市内のほとんどの地域でイノシシが減ったとの肌感覚を持っている。

農家にとっては、イノシシは農作物を食い荒らす害獣で、敵。豚熱で個体数が減れば、農産物被害が減ると、ワクチン散布を疑問視する人もいる。県畜産課は「イノシシの保護ではなく、養豚産業を守るため。ウイルスが養豚場に侵入すれば、全て殺処分になる」と理解を求める。

銃猟をする山澤さんは「農作物に悪さをする野生動物は、イノシシだけではない。猟友会は鹿の駆除も頑張っているよ」と言い、「狩猟税を納めているわれわれ猟師にとっては、イノシシが捕れないと、面白くない」と嘆いていた。

まさしく猟師の本音でして、農家の方にとってイノシシが減ることは願ったり叶ったり

といった部分はあるかもしれませんが、以前にも記事にしましたがイノシシが急速に減ると

シカやクマが台頭し、新たな問題が浮上します。

それとは別に、一時期YouTubeチャンネル“JIMNY4LIFE”でも叩かれたこともありますが

イノシシを獲ってかわいそう…。

もちろんそういった側面もありますが、この記事にも書いている通り狩猟税を払っているんですよね。

ほとんど狩猟しない(有害鳥獣駆除しかしない)僕でも当然払っています。

一方、魚釣りは税金を納めることなく、誰でも魚を獲ることができますが

魚を獲ってかわいそう…といった批判は一度もありません。

 

カシン


僕のおすすめスマートニュースのアプリは
ここから無料でダウンロードできるよ!

この記事では書いていないことなんですが、この暑い中、本当にご苦労様でございます。

また、そういった地域でしょうから、消毒、消毒と大変だったことだと思います。

養豚場を守るためにも地道な活動を頑張って欲しいですね。

カシン
ポチッとしてくれたら励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事