いよいよ厳しくなるYouTubeでの有害鳥獣駆除活動報告

おはようございます、よりよりです。

ここ最近、同じようなタイトルや文言で皆さんにご報告させて頂いているのですが

実際、どういった状況になっているのかをご紹介したいと思います。

こちらはYouTubeチャンネルJIMNY 4 LIFEの管理画面です。

ちょうど真ん中辺りの縦に黄色いマークで制限付きとあるのがお分かりになるかと思います。

これは18歳未満の方には広告つけませんよ。ということです。

どういうことかというと

YouTubeのガイドラインに抵触まではしていないけど、少年少女に見せるには刺激的だから

YouTubeにログインしている状態で、かつ18歳以上じゃないとダメよ。

ということです。

つまりYouTubeのアカウントを登録していないと見れないってことです。

データを持っていないので分かりませんが

アカウントを取得していない方のご視聴の方が多いのではないか?と推測しています。

ですので、実質、広告がつかない状態といってもいいのかもしれません。

広告収入というと、なんとなくいやらしい(エロい意味じゃなくて)イメージがあるかもしれませんが

以前にもブログの記事にしましたが、正直いって撮影の手間、編集の手間を考えると

わずかな広告収入でも頂きたいというところが本音のところ。

カシンやリキのドッグフードや狂犬病の予防接種、ワクチン代、これから増やそうとする犬代

車の維持費などもありますしね。

今現在、再審査リクエストをしており、人間の審査が入るわけなんですが

これまたすぐに回答が出るわけではなく、数日間(7日以内)かかるので

その間、広告収入が入らないといったわけです。

狩猟有害鳥獣駆除といった動画は、物議を醸し出す可能性のあるジャンルだという

認識はしています。

実際、制限を食らっている動画はほとんど再生回数の少ない動画なんですが

中には、4.6万回再生のこの動画までも制限食らっているのです。。。

これなんか、ハッキリ言って僕の思い出NO.1のスーパーヘッドショットですよ?

それが閲覧制限なんて…ううう。。。

もうお分かりの通り、大変厳しい状況になっています。

少しでもお力になって頂ける方は、動画をご覧になって頂くだけでも結構です。

よろしくご支援の方お願いします。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事