イノシシ出現 警察が出動 人住むエリア 目撃各地で

おはようございます、よりよりです。

昨年末、例年より非常に忙しくて、ブログの記事を書き溜めして予約投稿していました。

気になるニュースをとりあえずブックマークして、さあ記事を書こうとしたらリンク切れ…。

非常に興味深いニュースだったので、いろいろ検索した結果

わずかながら似たニュースが見つかったので、それを元に書こうと思います。

広島市の住宅街にイノシシが出現。
警察官15人と猟友会、動物公園の職員などで夕方ごろまでに2頭とも麻酔銃で捕獲したという。
今年はイノシシが全国各地の人の住むエリアで目撃された。
7月、大分市では小学校に出現。
隣にある幼稚園まで逃げていき捕獲された。
9月、岩手県・宮古市沖では海を器用に泳ぐ姿が目撃されている。
福岡の北九州市では住宅街に。
家族なのか5頭のイノシシが現れた。
専門家によるとイノシシは1回の出産で4頭から5頭を産むため山の中から人が住むエリアまであふれてきているという。

イノシシ出現 警察が出動 人住むエリア 目撃各地で

福岡県北九州市に5頭のイノシシが出没したニュースは以前、このブログでも取り上げました。

そして例年に比べ、今年はイノシシが多いという記事も書きました。

これは僕だけが感じたことではなくて、全国各地で同様のことが起きているんだな

と思ったわけですが

一方で、豚熱と呼ばれる豚コレラも一部の地域では未だ流行っているようで

その影響は野生のイノシシにもおよび、各地では対策が行われているようです。

この豚コレラについては、また別の機会に触れることにして

僕が住む福岡県北九州市に限って言える最新のイノシシの状況ですが

やはり去年と比べて今年は非常に多いですね。

この動画では、1回の有害鳥獣駆除(わずか2時間程度)で過去最高の7回イノシシを起こしました。

もちろんダブっている個体も含まれている可能性もありますが

こんなにイノシシを起こしまくる猟場もなかなかありません。

地域住民の方の目撃情報やトレイルカメラを設置して、事前にリサーチしていたわけなんですが

僕自身も衝撃を受けた有害鳥獣駆除活動の1つとなりました。

トレイルカメラについては、コチラの動画が参考になるかと思います。

ちなみに、コチラの動画は閲覧制限がかかっています。

再審査リクエストで、人間での再審査をしていただきましたが、結果は同じ。

おそらく最後の81才さんのイノシシを捕獲するシーンがNGだったのかな?と思います。

これは今後検証して、次につなげたいと思っているのですが

狩猟や有害鳥獣駆除の動画をご視聴されたい方は、YouTubeのIDを取得してログインした状態

要はご自身が18才以上である状態でYouTubeをご視聴されることをオススメします。

でないと、この程度…というのもどうかと思いますが

よりリアルなシーンをご視聴できないどころか、その動画の存在すら知ることもできませんから。

話を戻しまして

昨年は全国的に多くのイノシシの目撃情報や出没情報がありました。

イノシシ関連のニュースをご覧になりたい方はコチラをクリック!

おそらく一昨年、新型コロナウイルスによる有害鳥獣駆除活動の自粛が

影響しているのではないか?と思います。

挽回するためにも有害鳥獣駆除活動へのご理解、ご協力の方、よろしくお願いいたします。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事