2回目のコロナワクチン接種後の狩猟、有害鳥獣駆除に対しての副作用

おはようございます、よりよりです。

先日、2回目のコロナワクチン接種を終えました。

え?

遅いって?

そうです、遅いですw

というのも

・忙しくてなかなか行けなかった

・周りにコロナに感染している人がいないので必要ないと思っていた

といった理由から打たなかったわけなんですが

万が一、感染してしまった場合

猟隊の方に感染すと大変なことになるかもしれないと思い、正直、重い腰を上げたってなわけです。



1回目は特に何も副作用と呼ばれるものは何もありませんでしたが

2回目は打った場所が筋肉痛のような痛み。

これは誰しもそうでしょうが

2回目のコロナワクチンを接種した次の日、有害駆除に行って勢子をしたんですよ。

それなりのところを攻めたのは間違いないんですが、いつもより疲労感が半端なかったですね。

午後から2回、カシンイノシシを起こしましたが

イノシシの姿すら見ずに終猟したんですけど、逆に獲れなくてよかったと思うくらい。

撮れ高もゼロでしたが、それよりも早く家に帰ってゆっくりしたかったですね。

帰って体温を測ってみると、37度。

体温は比較的低めなので、微熱といえば微熱なのかもしれませんし、誤差の範囲内かもしれません。

前日もそれなりに睡眠はとってはいたのですが、睡魔に襲われ20時には就寝。

これはコロナワクチンの副作用と呼べないかもしれませんが、いつもとは違った1日でした。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事