たとえ猟犬がやられても、僕らがケガをしても、山の神様への感謝は忘れない

おはようございます、よりよりです。

今期は天候に恵まれているのか、毎週末、有害駆除に行けています。

まっ、10月、11月は猟期の中でも天候がある程度安定している時期

というのもあるのかもしれませんけどね。

今回の動画は前半が1ラウンド目、後半が2ラウンド目で

1ラウンド目は、始まって早々、ルルとネネが完全に抑え込んでいるところを

シガキ(マチ、タツといった撃ち手)の方(ちなみにライフルマンです)が寄ってナイフでブスリ。

YouTubeではなかなか言えない言葉なんですよね。

「ナイフで刺した」って…。

YouTubeなど、ほとんどの動画投稿サイトは、AIがガイドラインに乗っ取った投稿であるかを

判定しているんですが、この言葉時点でアウトですからね。

その後、再審査請求をして人間が判定してジャッジするわけなんですが

あまりよろしくない言葉なので、編集する際にはカットするようにしています。



動画内でもテロップでお伝えしていたかと思いますが、その他にも子イノシシが数頭いたのでしょう

辺りに臭いがつきまくっているとのことなので、山を変えて2ラウンド目。

こちらも早々に起こし、1発は腹に被弾。

半矢のイノシシほど怖いものはない

とはよく言ったもので、ルルとネネが絡むも暴れまくりで、2発目、3発目で

ようやく倒れたとのこと。

動画でテロップを流し忘れたんですが、ルルが耳を少し斬られるケガを負いました。

消毒して抗生剤飲めば済む程度でしたが、ルルも最近ケガが多いですよね。

いずれも軽傷で済んでいますが、怖いことには違いありません。

←登録だけで31日間無料で見放題

さて、そのイノシシはというと銃猟をされてる方は、およそ想像つくと思いますが

お腹の中は悲惨なことになっていました…。

逆によくその状態で暴れまわっていたとも思います。

タイトルに

たとえ猟犬がやられても、僕らがケガをしても、山の神様への感謝は忘れない

とありますが、カシンはすでに復帰しており、すでに復帰後4戦を終えていますが

YouTube上では編集、配信の兼ね合いで、まだ療養中になっています。

猟犬がやられても…とは言っても、実際もうやられるのはイヤですよ。

カシンも友犬との折り合いがいいので、サクラやリンなどとのパックでやりながら

リキの成長を待つというのもいいのかもしれませんね。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事