もうこれ以上イノシシにやられて欲しくない!準備した3つ秘策はコレだ!

おはようございます、よりよりです。

今期に入ってすでに2回負傷しているカシン。

その2回とも病院送りにされるヒドイ怪我を負っています。

このまま使い続けると、いつか…いや近いうちにイノシシに殺されるかもしれない

と頭をよぎる一方、猟犬としての意思の尊重などを考慮し

これからも猟犬として頑張ってもらうことにしました。

ですが、ただ指をくわえて、やられ続けるわけにはいきません。

カシンの生命の危険も感じますし、これ以上治療費がかさんでしまうと

ただでさえ活動費が枯渇している上に、大きな重しとなってしまうからです。

前置きはそのくらいにして

これ以上イノシシにやられないために、3つの秘策を用意しました。

まず1つ目は、スペクトラベスト(防刃ベスト)の装着。

今回、怪我がこの程度(といっても過去最悪の怪我でしたが)で済んだのは

スペクトラベストのお陰だと思っています。

ですので、いろんなご意見があるのは承知していますが、これからも装着しようと思っています。

そして2つ目が、今回怪我した猟場にはカシンは入れないということ。

カシンが病院送りにされる怪我を負った猟場はたった2つしかありません。

逆に言えば、その2つにさえ入れなければ怪我を負う可能性はありません。

もちろん、それは今までがそうなだけであって、これからも怪我をしないかというと

分かりませんが、少なくとも受傷する可能性は低くなると思います。

3つ目は、動画では最後の最後で匂わせた?w形で終わっていますが

猟犬の仔犬を譲っていただいて今現在飼育しています。

犬種は熊野地犬でして、こちらの方言では立て犬、一般的には鳴き止めや吠え止めといった

猟芸を持つ血筋の仔犬です。

カシンとは180度違った猟芸かと思いますが、実際の山入れや訓練、猟犬としてのデビューなど

どうするかは、すでに構想済みです。

途中で変更を迫られる可能性もありますが、猟犬を増やしていって受傷リスクの低下に

努めたいと思っています。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!   にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事