猟犬カシンが生い茂る孟宗竹で、巨猪を起こして撃たせて獲る劇的な結末で今期終猟

おはようございます、よりよりです。

今回は昨シーズン最終日、最終猟の動画のご紹介です。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

このサムネイルの右側に写っているのは、リキではなくリン。

非常に紛らわしいですが、短毛なのがリン、毛がふわふわなのがリキですね。

また、リキの方がひと回り小さいので、大きさでも分かりますが

実際、現場でも見間違えたりしますので、視聴者さんからすると分かりづらいかもしれませんね。

この有害鳥獣駆除活動は令和4年4月末に行われたものですが

この時点で、猟犬カシンは2才5ヶ月、リキは9ヶ月。

この動画ではリキは疲労から、あまり活躍はできなかったのですが

昨シーズンのリキの活躍は目紛しいもので、カシンにもいい影響を与えたのは事実。

その影響があったかは分かりませんが

ぶっ飛んでなかなか帰って来なくなることも少なくなり、昨シーズンの終盤の捕獲率アップに

繋がったと思います。

総括はまた別の機会にするとして

昨シーズンは前年と比べると大幅に捕獲頭数が増加しました。

その背景にはカシンの成長とリキの加入はもちろんなんですが

先輩猟師のシガキ(マチ、タツ)の選定、着き方、そして狙撃能力の高さによるものだと思います。

いくら猟犬がイノシシを起こして(見つけて)も、あたらなかったら意味がないですからね。

僕は3頭しか捕獲しておらず、そのうち1頭はカシンが咬み止め、リキが吠え止めしているところを

撃っただけですから、実質2頭だけ。

改めて狩猟、有害鳥獣駆除はチームプレーが大切だと思いました。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事