【閲覧注意】地域住民と農作物を守る有害鳥獣駆除での衝撃的な射撃シーン

おはようございます、よりよりです。

今までヘタクソ、猟犬が可哀想などと散々批判されましたが、久しぶりにやりました。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

まあ、批判されても仕方のないことなんですが

僕が撃つときっていうのは、ほとんどイノシシが走っているとき。

それもトップスピードですから、ホント難しいんです。

シガキ(マチ、タツ)といった撃ち手の場合は

ある程度、どこからどう来るといった予測が立てれますが

勢子の場合は一瞬ですので、大体遅れる時が多いです。

まっ、言い訳なんですけどねw

詳しくは動画の方をご覧いただきたいんですが

物議を醸し出しそうなので、予め解説をつけておきました。

発砲音がパンパン鳴ってる中、僕が冷静にいられたのは

事前に無線でやり取りをし、GPSでお互いの位置を確認していたからです。

もし僕がいなければ、6番は十分ためて撃て、早撃ちせずに済んだので

間違いなく獲っていたでしょう。

 

カシン

ここから買い物をしてくれると

みんなの負担額はゼロ円で僕のおやつが増えるよ!

僕も6番の位置が分かっていましたから、誤射を避けるようにためて撃ちました。

それが運良くあたったわけですが、あたりどころもまたよくて一撃でイノシシが転がりました。

僕にとって、今でも鮮明に記憶している狩猟有害鳥獣駆除の1つとなっています。

こういったシーンはテレビはもちろんのこと、YouTubeでもなかなか観れないですので

まだご覧になっていない方は、ぜひご視聴ください。

珍しい僕の射獲シーンが観れます。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事