人気漫画「遊☆戯☆王」作者 高橋和希さん 沖縄 名護で死去

おはようございます、よりよりです。

世界中が悲しみに包まれたといっても過言ではない訃報をお伝えします。

少年向けの人気漫画「遊☆戯☆王」の作者、高橋和希さん、本名、一雅さんが沖縄県内で亡くなったことがわかりました。

60歳でした。

6日午前10時半ごろ沖縄県名護市安和の沖合およそ300メートルでマリンレジャーの関係者から「人がうつ伏せで漂流している」と海上保安庁に通報がありました。

現場に駆けつけた消防隊員が男性を救助しましたが、その後、死亡が確認されました。

名護海上保安署が7日、高橋さんと確認したということです。

高橋さんはスノーケリングの器具を装着していて、海上保安署によりますと1人で沖縄を訪れていたということです。

また、海上保安署などによりますと、高橋さんが見つかった現場からおよそ12キロ離れた恩納村のビーチに近い農道に放置されたままの高橋さんが借りたレンタカーが見つかり中に免許証が置いてあったということです。

海上保安署などによりますと、高橋さんの体には目立った傷はないということで、海上保安署が亡くなるまでのいきさつを調べています。

「遊☆戯☆王」モチーフにしたカードゲーム 世界的な人気
高橋和希さんは東京都出身で、1986年に漫画家として本格的にデビューしました。

1996年から2004年まで「週刊少年ジャンプ」で連載が始まった「遊☆戯☆王」は、古代エジプトから伝わるパズルを完成させたことをきっかけに自分の中に別の人格を宿した高校生がゲームによって戦いを繰り広げる物語で、シリーズ累計発行部数は4000万部を超え、テレビアニメや映画化もされるなど大ヒットとなり、高橋さんの代表作となりました。

さらに、作品に登場したカードゲームをモチーフにしたカードゲームは各地で大会が開催されるなど世界的な人気となり「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」としてギネス記録にも認定されました。

コチラはNHKの報道ですが、TBSではこのようなニュースを伝えています。

少年向けの人気漫画「遊戯王」の作者、高橋​和希​さん、本名、​一雅​さんが亡くなったことがわかりました。

名護海上保安署によりますと、きのう午前、沖縄県名護市の沖合で「遺体らしきものが浮いている」とマリンレジャー業者から通報がありました。

遺体は沖合300メートルの場所で発見され、その場で消防によって死亡が確認されました。死亡したのは少年向けの人気漫画「遊戯王」の作者、高橋和希さん、本名、一雅さん、60歳です。

高橋さんはひとりで観光に訪れていて、きのう午後9時ごろ、高橋さんと連絡がつかないとレンタカー会社から警察に相談があり、海上保安署が遺体は高橋さんとみて調べを進めていました。消防によりますと、腹部と下半身にはサメなどの海洋生物に付けられたとみられる損傷があったという事です。

■集英社のコメント
「突然のことで驚いております。大変残念です。ご冥福をお祈りいたします」

■高橋和希(たかはし・かずき)
1961年10月4日生まれ、東京都出身。1990年『闘輝王の鷹(ときおのたか)』でジャンプデビュー(「週刊少年ジャンプ増刊 1990年 Summer Special」)。1996年~2004年に「週刊少年ジャンプ」で連載した『遊☆戯☆王』(集英社文庫コミック版 全22巻)が大ヒットとなる。シリーズ累計発行部数は、4000万部以上(デジタル版含む)。1999年『遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームデュエルモンスターズ』発売。2000年 TVアニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』放送開始。

リキ
ポチッとして応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

まずはお悔やみ申し上げます。

ニュース記事から一人で沖縄に訪れ、スノーケリングを楽しんでいたところ

サメに襲われたのではないか、とのことです。

僕もこのブログではスキューバダイビングでの事故を何度か取り上げましたし

若い頃、インストラクターをしていた経験もあるんですが

人がサメに襲われたというニュースは初めてですね。

もちろん例はあるとは思いますが、レア中のレアといっても過言ではありません。

サメに襲われたとするならば、可能性が高いのはイタチザメ。

僕は沖縄近海で1000本近くダイビング経験があるんですが

イタチザメは水中で一度も見たことがありません。

見たことあるのは、ハンマーヘッド(アカシュモクザメ)とホワイトチップ(ネムリブカ)くらい。

一般的にハンマーヘッドは怖いと言われていますが、実際は臆病で近寄ると逃げていきます。

日本でハンマーヘッドで有名なのは、与那国島と神子元で

一度でいいから行ってみたいと思っています。

 

カシン


僕のおすすめスマートニュースのアプリは
ここから無料でダウンロードできるよ!

サメが人を襲う多くの理由は、大好物のウミガメと間違えたことによるもので

食べられて跡形もなくなったという例はほとんどありません。

とりあえず噛んだはいいものの、“違うやん!”となって泳いでいったはいいものの

すぐに救出されればよかったが運悪く一人だったため、そのまま失血死した可能性が高いですね。

普段お忙しくされてるでしょうから、一人で楽しみたいお気持ちは十分わかりますが

こういった万が一が来る可能性がありますから、海だけに限らず山でも一人での行動は避けたいですね。

カシン
ポチッとしてくれたら励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事