ハチ、アブ、マダニ、蚊、、、刺されないためには? 刺されたらどうする? 【福井】

おはようございます、よりよりです。

狩猟有害鳥獣駆除で山に入る時はもちろん、キャンプや登山などで山に行く場合

必須といっても過言ではないのが、虫対策。

今回は、虫除けについてご紹介したいと思います。

この時期から多くなる「虫刺され」について、夏は様々な虫が発生するが、中には刺されると危険な虫も。刺されてしまった場合にどう対処すればいいのか。また、刺されないようにするための基本的な対策は?専門医に聞いた。

間もなく夏本番。気温もだんだんと上がり、アウトドアを楽しむ人も増えてくる。そんな時に増えてくるのが虫刺され。虫刺されというとまず思い浮かぶのが蚊。しかし、蚊のようにかゆみだけで済めばいいが、刺されると危険な虫もいる。

夏場の虫刺され対策について、福井赤十字病院の皮膚科副部長加畑雄大医師は、「夏は様々な虫が発生する、レジャーなどで屋外に出たり、薄着になったりする季節で虫に刺される回数が増える。虫刺されの中でも、ハチやアブは刺されると強い痛みを伴う。マダニは感染症を媒介することもあり注意が必要」と話す。

ハチはなぜ危険なのか?ハチに刺されると痛みと共にさされたところが赤くはれる。熱を持ち、痛痒さを感じるようになる。この症状はハチ毒によるもので、複数個所全身を刺されたりなどすると、そのはちの毒によって中毒を起こし、血圧が下がり、意識が遠くなったり息が苦しくなったり息が止まったりと、時には致命的な症状を生じることもあるので注意が必要だ

では、ハチに刺されてしまった場合はどのように対処すればいいのか。ハチに刺された場合は、患部を水で洗い清潔に保つこと。ハチの毒は水に溶けやすい性質があるとともに、患部を冷やすことで腫れや痛みを緩和させる効果がある。その後は安静にし、激しい運動などは避けるようにする。

一方で、シカやイノシシなどが生息するような山や、畑に多くいるといわれているマダニ。どのような点に注意すればよいのか。この虫は服の隙間から侵入して体を登り、体の柔らかいところの食いついて血を吸う性質を持つ。一度食いつくととるのがなかなか難しい、無理にとると虫の口の一部が体の中に残ることもあるので、刺されているのに気づいたら無理やり取ろうとせずに医療機関に受診すること。

また、マダニを介する感染症にも注意が必要。感染症は刺されてすぐよりも数日から数日たってから発症することが多い。発熱や全身の倦怠感が出てきた場合は、すぐに医療機関を受診すること。

そして何より大切なのは刺されないようにすること。基本的な対策は、ハチ、アブは長袖・長ズボン着用。ハチは不用意に近づかない事が一番。マダニは市販されている虫よけスプレー、マダニに関して効果があるものを使う。それだけではなくて長ズボン着用。服の隙間から入ってくることが多いで、ズボンのすそを靴下に入れるなどして物理的に入ってこられないようにすることも重要。

この夏は虫刺され対策を万全に、アウトドアを楽しみたい。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

今現在オフシーズンということもあり、山に行くことがないので試していないのですが

先日、YouTubeではお馴染み?の同じ猟隊の6番から、オニヤンマ(レプリカ)をいただきました。

まだ山に行けてないので試していないんですが、実はYouTubeでのコメントにも

オニヤンマは効果があるとアドバイスいただいたこともありますし

実際使ってみた6番も“効果はあるようだ”と言っていました。

実際の使用感については今後試した上、記事にしたいと思います。

 

あとはこういった腕時計タイプの虫除けもありました。

超音波を発して虫除けをするとのことで、レビューを見る限り、効果は期待できそうですが

虫除け効果連続使用時間が2時間程度ということで、僕らには足りませんが

ちょっとした山菜採りなどには有効かもしれません。

 

あと、今秋導入したいと思っているのが、こういったタイプ。

蚊が嫌がるヒノキの成分を含んだメッシュタイプのパーカーです。

こういった商品はいくつかありますので、ご自身に合うタイプを選択したらいいのではないでしょうか。

 

これから虫刺されのシーズン到来で、特にアブやブヨに刺されるとイラッとする痛さがあります。

虫除けスプレーだけだと汗で流れてしまって効果を持続するという部分に欠けてしまうので

こういった物理的に防除するアイテムを身につけることで予防につながるかもしれませんね。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事