狩猟系YouTube、Tik Tokは終了のお知らせ!今後の配信は厳しいものになります。

おはようございます、よりよりです。

先日、狩猟系YouTubeは今後厳しくなるかもしれないといった記事をアップしました。

Tik TokではYouTubeよりも厳しいコミュニティガイドラインが設定されており

猟銃が映っている映像は問答無用に削除され、ペナルティを食らいます。

というか、実際にペナルティを食らいましたw

これらの記事の続編なんですが、自称動画クリエイターの僕ですが

狩猟(僕の場合はほぼ有害鳥獣駆除)の動画を編集してYouTubeにアップすると、まずAIが審査するんですが

これでことごとくハネられます。

タイガー
クリックして応援してくれニャ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

どういったことから、審査が通らないかというと

YouTubeの暴力的で生々しいコンテンツに関するポリシーから狩猟に関わるであろう下記をピックアップしました。

刺激の強いコンテンツ
次のいずれかを含む映像、音声、画像
その他の視聴者に衝撃や不快感を与えることを目的とするもの
視聴者に衝撃や不快感を与える目的で、血液や嘔吐物などの体液を描写した映像または画像。

動物虐待
狩猟や食材にするといった伝統的または一般的な目的ではなく、動物に悪意をもって苦痛を与えている人物を含むコンテンツ。
準備された危ない状況にわざと動物を置いて救助するコンテンツ。
人間が動物同士の戦いをけしかけたり、強制したりするコンテンツ。

ドラマ化された、または架空の映像
上記に該当するコンテンツで、映像がドラマ化されている、あるいは架空であることがわかる十分な情報が視聴者に提供されていないもの。

このポリシーは、動画、動画の説明、サムネイル、コメント、ライブ配信、またはその他の YouTube のサービスや機能にも適用されることにご注意ください。

次の種類のコンテンツは YouTube で禁止されています。
闘犬や闘鶏など、人間の見物人が動物同士を強制的に闘わせる動画。自然ドキュメンタリーのように、野生動物の戦いを特集したコンテンツは許可されます。
衝撃を与えるために動物の苦痛を描写した、教育、ドキュメンタリー、科学、芸術に該当しないコンテンツ。

なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

この記事をご覧の皆さんに、まず理解して頂きたいことは、これら全て僕が個人的に勝手にそう理解しただけで

全ての狩猟系の動画に関することではありません。

あくまで問題提起をし、JIMNY4LIFEのYouTubeチャンネルの方向性を示すだけとご理解ください。

←登録だけで31日間無料で見放題

僕が最近、動画を編集するときに気をつけていることは、流血シーンは全てカットすること。

それは狩猟、有害駆除だけに限らず、釣りのときも同じです。

とにかく血が映るとAIからはじかれます。

これはYouTubeのポリシーに、“狩猟や食材にするといった伝統的または一般的な目的ではなく…”

という一文があるので問題ないかと思いますが、実際これで何度も警告が来ました。

人間による再審査リクエストができるので、当然するのですが、そのまま通るときもあるし

否決されるときもあります。

そういったことから、流血シーンは全てカットしています。

 

あと気になるところは(全て気になるのですが…w)

闘犬や闘鶏など、人間の見物人が動物同士を強制的に闘わせる動画

ですね。

もちろん狩猟、有害駆除においてはこれは当てはまらないのですが、あてはまると判断されたら

容赦無く警告が来ます。

その理由は

なお、このリストはすべてを網羅しているわけではありません。

の一文です。

上記では、この一文しか引用していませんが、実際にYouTubeのポリシーをご覧になって頂きたいのですが

この一文はところどころに書いてあります。

要は、YouTube次第だよ!

といった解釈を僕はしました。

何度も言いますが、これは僕が勝手にそう解釈しただけで、他のYouTubeチャンネルに適用するとは限りません。

他の狩猟系有名ブロガーさんの記事はコチラから!→にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

先日アップしたこの映像とサムネイルは、警告なしでAI様に認めてもらえたので

大体、この辺りが落ち着くところかなと思っています。

この記事がアップされる頃には、すでに今期2頭目のイノシシを捕獲した動画を編集している頃だと思います。

アップされた動画が大きくモザイクがかかっていたり、全くと言っていいほどイノシシが映らなかったら

そういうことだと思っていただければ幸いです。


←月額たったの550円で見放題

いずれにしても、YouTubeは動画配信サイトから広告媒体へと大きく舵を切ったのは事実。

伝統的な狩猟、認知して欲しかった有害鳥獣駆除動画配信は今後さらに厳しいものになるのは確実。

やるかやめるか、生き残りを賭け、いろいろと模索する必要に迫られています。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!   にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事