東出昌大「猟師になりたい」「命と向き合いたい」恩師に打ち明けた願望と“狩猟の腕前”

おはようございます、よりよりです。

不倫や女性との関係で所属事務所を解除になった東出昌大さんが再起を図って

狩猟のドキュメンタリー番組を制作しているとのことです。

ニュース記事はコチラ。

「殺生するだけの価値が自分にあるんだろうかって……」

山で虚空を見つめながら呟く東出昌大。

【写真】東出昌大の現彼女、インスタに投稿していた「素敵すぎてとろけそう」

3月21日にスペースシャワーTVで放送された『24hour MOROHA“単独”武道館』という番組で、東出と2人組の音楽ユニット・MOROHAによるドキュメンタリー作品が制作中だと発表された。

「東出さんは、昔からMOROHAの大ファンで、メンバーとの親交もあるようです。かつてバラエティー番組で彼らを紹介したり、MVに出演したこともあります」(芸能プロ関係者)

今年2月、東出は所属事務所との契約を解除されている。

「'20年の唐田えりかさんとの不倫騒動後も所属事務所は彼をフォローしてきましたが、その後も女性関係の報道が続いたことで《これ以上共に歩くことはできない》と事務所が異例のコメントを出して、契約解除に至りました」(スポーツ紙記者)

事実上の“クビ”となった東出が再起を図るドキュメンタリー作品のテーマは“狩猟”。制作途中の動画では、猟銃で撃ち、仕留めた鹿を東出が背負って歩く姿もあった。

命が消える瞬間を目にして
「東出さんが狩猟を始めたきっかけは、'17年に出版した『西から雪はやって来る』という写真集の中で、狩猟シーンの撮影をしたことだったそうです。今ではひとりで山に向かうほどです。

東出さんのように、わな猟ではなく猟銃を扱う場合は、狩猟免許とは別の許可も取得しなければならず、費用は概算で10万円以上かかります。ちなみに杏さんも'15年に狩猟免許を取得しています」(広告代理店関係者)

“狩猟ドキュメンタリー”の内容について、監督を務めたエリザベス宮地氏が週刊女性に話してくれた。

「東出さんの生きる姿勢と、MOROHAの音楽が共鳴するような作品を目指しています。“なぜ東出さんは狩猟をするのだろう”ということが制作のきっかけで、ドキュメンタリーのベースはその問いとなっています」

東出の起用を前提とした企画だったと明かす。撮影に参加した猟師兼料理人の阿部達也さんも、こう語る。

「東出さんとは、'17年の写真集の撮影で知り合って、今回も本人から連絡をもらって、同行しました。彼はとてもまじめな青年で、“獲った動物を自分で料理したいので、教えてほしい”と言われました。“釣り”の延長で狩猟を始める人も多いのですが、彼は“ゲームとして楽しむのではなく、命に向き合いたい”と話していました」

ひと呼吸置いて、阿部さんは続ける。

「写真集の撮影で、東出さんは“命が消える瞬間”を初めて目にしたイノシシを、自らさばいて食べました。思うところがあったようで、そのときに私が“猟師になるか?”と聞いたら“なりたいです”と答えていました」

'20年に杏と離婚し、今や事務所からも離れて四面楚歌になった彼にも、手を差し伸べる人はいるようだ。

こうした“恩人”たちに、東出は自分の価値を見せることができるのか。

東出昌大さんをご存知ない方は、渡辺謙さんの娘さんのさんの元旦那といった方が

分かりやすいかもしれませんが、こういうふうに言われるのもかわいそうとでもいいましょうか

僕らの若い頃は石田純一が不倫は文化だ!と言って一世風靡した時代と違って

今は異性(場合によっては同性も)との付き合い方が求められる時代ですからね。。。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

さて、記事中にありますように、狩猟に関するドキュメンタリー番組を製作中とのことで

狩猟免許はもちろんのこと、猟銃も所持しており、単独猟に行くほどとのことです。

こういった情報を発信してくれるというのは、僕ら猟師にとって大変ありがたいですよね。

 

このブログで何度も取り上げましたが

猟銃を所持して狩猟をしようとしている方が非常に少なく、年々減少しています。

僕はこのブログはもちろんツイッターやインスタ、フェイスブックで

狩猟有害鳥獣駆除の情報を発信しています。

YouTubeでは、獲れた時だけではなく、失敗した時も獲れなかった時もアップしています。

これは僕の忘備録でもありますが、野生鳥獣を捕獲するということは

決して簡単なことではないといったことや、反面教師として見てもらいたいといったこともあります。

僕が発信する情報で、どなたかに刺さればいいんですけどね。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事