鳴き止めの3頭の猟犬がイノシシに珍しく咬み止めしていたところを射獲

おはようございます、よりよりです。

地域や猟友会、猟隊によってカラーというものがあるでしょうが

僕がお世話になっている猟隊では、立て犬(鳴き止め、吠え止め)が多いです。

カシンは咬み犬なので、立て犬が欲しいと思っているのですが、その件については後日報告するとして

今回は僕がシガキ(マチ、タツ)についていた時の動画をご紹介します。

ここの猟場は1シーズンで2〜3回くらいしか行かないところですが

ヌタ場には浴びた跡があり、どこにシガキに着くか迷うほど、通し(けもの道)がしっかりしていました。

僕は一番最後の一番上に着いていたんですが、動画にもあるように

勢子さんの終猟の無線が入る直前に、僕の前にイノシシが3頭登場。

それもそこは僕があっちに行ったり、こっちに行ったりしていたところ。

そこには来ないという頭があったので、ビックリです。

イノシシまでの距離は50mはあったので、一か八か狙ってみましたが、結果はお察しの通り…w

まっ、でもここから分かることは、1頭で警戒モードであれば現れなかったでしょうが

3頭でツルんでいると警戒が薄れるということ。

中には敏感なのがいて気づく場合もあるかもしれませんが、自分が荒らした(通った)からといって

来ないわけではないということ。

んで、やはりイノシシは昼行性であるということですね。

出会うんだけど、なかなか獲れませぬ…。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!   にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事