イノシシとガチでやりあう猟犬にブラッシングしたらまさかの展開に。

おはようございます、よりよりです。

今回は猟師、猟犬の日常ということで、季節の変わり目のブラッシングの様子です。

カシン
ポチッとしてくれたら励みになります!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

前回はリキをやりましたが、今回はカシン。

山では(いい意味で)全く落ち着きはありませんが、完全に諦めているのかかなりお利口さんでした。

僕もYouTubeTwitterでは散々「猟犬を道具だと思ってる」といった批判もかなり頂きましたが

猟犬をブラッシングする猟師もなかなかいないと思います。

前にこのブログでも記事にしましたが

猟犬は仕事をしてもらわないといけないので、一般の愛玩犬以上に大切にしないといけないんです。

というと今度は、猟犬をイノシシと戦わせている、人間だけでやれ!といったコメントも頂きます。

ここ最近はそういったコメントは無視していますが、中にはこんな変わったコメントをする方も。

うちの周りは僕も含めて馬鹿ばっかりですね…。

僕の浅い知識で申し訳ありませんが、山に近いところじゃないと水を引っ張ってこれないし

街中で農業するにしても土地代がおそろしいので、作れば作るほど赤字という。。。

もしかして共同農園みたいなのと勘違いしてるのかな?

まっ、数十年後の日本では、太陽光のLEDを張り巡らされた工場内で、完全無菌、無害虫で

野菜を作る技術がスタンダードになってるかもしれませんが

現状は病気や害虫、害獣との戦いですし、仮にそういった時代が来たとしたらさらに

耕作放棄地は増え、猟師が減るわけですから、有害鳥獣駆除の必要性はさらに高まる

と予測しています。

狩猟に興味はあるけど…という若者がいたら今がチャンスです。

基本的に年功序列の世界ですから、今のうちになっておけば、立派な幹部候補生です。

猟銃所持許可は少しハードルが高いけど、ぜひトライしてみてください。

リキ
ポチッとして応援お願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事