カシンがイノシシにやられて入院してしまいました…

おはようございます、よりよりです。

先日アップした記事にも少し触れましたが、カシンがイノシシにやられてしまいました。

検証動画は別でアップする予定ですが、“そこにいる”というのは分かっていたにも関わらず

やられてしまったので、非常に残念でなりません。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

今回の記事はこの動画で触れていることをネタにしたいのですが

カシンと山に入るとある程度、僕と一緒に回った後ですーっと僕から離れ

シガキの方から次々と「カシン来ました」といった無線が入ります。

今までは気にもしなかったことというよりも、僕から離れやがってー!なーんて思っていたんですが

ひょっとしてシガキの位置を確認しているのではないか?

と最近になって思い出しました。

この日もそうでして、序盤に次々と無線が入っています。


←アウトドアから釣り道具まで!

この時の動画は、その部分はカットしていますが、カシンがシガキをグルリと回ったあと

イノシシを起こして、シガキまで追いやっています。

それは好意的に取りすぎだろう!

そう思われる方もいらっしゃるでしょうが、もちろんその通りだと思います。

ですが、この行為について理由づけをするとこれしかないわけで、違ったとしてもそう考えると

ロマンがあるとでもいいますか、シガキの方からするとモノ(イノシシ)が出る出ないはともかく

無線も入らない、GPSの電波も届かない中、蚊に刺されながらジッとしていて「終猟無線」が入るよりも

いくらかはマシなのではないかと思います。

まっ、僕がカシンをきちんとコントロールできていない言い訳なんですけどねw

以前にも何度か触れたことかと思いますが、僕のスタイルはあくまで猟犬に合わせるフリースタイルw

おおまかなルートは決まっているものの、臭いがあったら「どうぞお好きに」。

そのままぶっ飛んでしまったら、シガキの皆さん15〜30分待ってください。

てな感じです。

軍事に詳しい方ならお分かりかと思いますが、カシンはネガティブリストで行動させています。

つまりは、人や飼い犬、飼い猫を噛んだり、道路に出たり、などなど、やっちゃいけないこと以外は

何やってもいいよ、ってな感じですね。

これは巻き狩り、グループ猟において出来ることであって、単独猟ではかなり厳しいとは思いますが…。

ということで、カシンのお供ができる猟犬か、カシンがいない中でも僕と一緒に回って

イノシシを起こすことができる猟犬が欲しいところなんですが、タイガーは今のところ残念ながら役不足。

これから覚醒することを願って、何度も山入れを行おうと思っています。

話がそれているようで繋がっているのですが

動画をご覧になられた方ならお分かりかと思いますが、カシンがイノシシを起こして海岸沿いまで飛ばしました。

そこはシガキがいないところだし、とても人間が行けるところでもないので帰りを待っていました。

まず、いつもよりも早めに帰ってきていることに違和感を感じました。

こんなに早く帰路につくのは珍しいなと。

んで、僕の待つ尾根まで帰ってきたのはいいものの、何となくおかしいことに気づきました。

何がどうと説明は出来ません。

ただ、そういう気がしただけです。

この時は何かを隠したような仕草を見せましたが、今回は全く…

動画でも分かるように、遠くからカシンを見ただけでそう感じました。

んで、ボディチェックをすると胸をひと突き…。

場所が場所だけに最初は焦りましたが、出血がそう多くないことと臓器が見えていないこと

咳や呼吸困難などの症状がないことや自力での歩行も出来ることが、不幸中の幸いでした。

過去何度もイノシシに斬られましたが、今までは尻周りや足、上記の動画であればティンティンでしたので

防刃ベストを着用してようがしてまいが関係ない部位でしたが、今回は着用していたら無傷

もしくは軽傷で済んでいたかもしれません。

非常に高価なので、なかなか手が出ないのですが、導入を検討しないといけないですね。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!   にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事