Tik Tokで300万回以上再生された後、垢BANくらった狩猟シーンまとめ!

おはようございます、よりよりです。

ここ最近、YouTubeやTik Tokの話題が多いこのブログですが

今回はTik Tokでバズっては削除、バズっては削除され、とうとう垢BAN(アカウント削除)されてしまった

狩猟シーンをまとめた動画をアップしてみました。

先日も記事にしましたが、Tik Tokはともかく、YouTubeも大変厳しい状況に陥っています。

この動画は、今までYouTubeにアップした動画を編集したもので、当時全て審査に通ってるとでも言いましょうか

ガイドラインに抵触する内容ではなかったのですが、AIではじかれました。

その後、人間による再審査でOKとなったわけですが、この程度?でNGですよ。。。

YouTubeでは下記のように記載してあります。

動物虐待のコンテンツとは、動物の個体または集団に対して悪意をもって肉体的危害を加え、苦痛を与える行為の描写を指します。衝撃や不快感を与えて動物を苦しませ、それを描写するだけのコンテンツが含まれます。動物の個体または集団に危害を加えるものであっても、狩猟、罠、害虫駆除、食材準備、医学的処置、屠殺など、一般に認められている行為を描写するコンテンツについては例外を設けることがあります。

狩猟、罠など、一般に認められている行為を描写するコンテンツについては例外を設けることがあります。

例外を設けることがあります”これがビミョーですよね。。。

例外を設けることがあるということは、狩猟、罠は例外として認めているけれど

一般的に認められない行為だと判断すると、警告しちゃうよ?

と、僕は解釈しました。

これをご覧になられたあなたはどういった解釈をしますか?

あくまで僕の解釈で、実際動画を編集、アップロードしていてそう判断しました。

異論がある方は、よかったらご自身で動画を撮ってアップしてみてください。

何本かアップしたのち、おそらく僕と同じような解釈になるかと思います。

タイガー
クリックして応援してくれニャ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

YouTubeで、猟犬を使った狩猟や有害鳥獣駆除のコンテンツを配信しているチャンネルは非常に少ない現状。

YouTube検索窓で“猟犬”と検索し、それもイノシシなどの大物猟に限定するとHITするのは3〜4チャンネル程度。

猟犬を使っての狩猟は、地上波では決して見ることはできません。

動画投稿のモチベーションアップのためにも、チャンネル登録、高評価、よろしくお願いします。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!   にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事