【猟犬】セルフハンティングを矯正する訓練【狩猟】

令和2年12月2日(水)の旧ブログの記事をリライトしてみました。

コチラの記事の続きです。

まだご覧になられてない方は、その記事からご覧になられた方がいいかと思います。

前回、余程懲りたのでしょう、僕から離れても100m程度。

臭いがなければ戻って来て、親方の位置を確認しているように見えました。

なかなかいい傾向です。

30分程度経った頃でしょうか、100m以上離れて行きました。

またか、コノヤロー!

と思いながら、筒笛を吹きました。

ですが、言うことを聞きません。

ほったらかしにしてると、ギャンギャンやり出しました。

(臭いに乗っかって離れたんだ…)

これならば仕方ない。

出来れば近場で起こして欲しいけど、まだそこまでは要求出来ません。

薬室に1発、弾倉に2発装填し、静かに近づくもドンドン離れて行く。

300、400m…。

止まらない、止められないでいる。

これが今後の課題ではありますが、巻き狩り、有害駆除のグループ猟がメイン。

シガキにかかればそれでよく、今はぶっ飛ばずに一緒に回ることが大事。

そういった点では一定の効果があったに思えます。

※この通しから来ると思って構えていましたが、向こうに飛ばれてしまいました。

レンジが広すぎる猟犬を狭くする方法

・親方から離れると合流出来ない、置いて行かれるなど、ひでぇ目に合う

・筒笛を吹いて帰って来たらオーバーなくらい褒める

・親方の元に帰って来たら、水が飲めることを覚えさせる

・朝飯抜きは逆効果。腹減って食べ物ばかりを探して遠くに行く。

どれも効果があったものばかりですが、決定的なのが別に1つあります。
YouTubeにはアップしていますが、ブログでは次回ご紹介したいと思います。

コチラもよろしければ、ご覧ください。

カシン
ったく、コッチはコッチで仕事してるんだよ!

よりより
それは十分わかるけど、撃たないと獲れないじゃない。

カシン
人がいる方向へ誘導するのって難しいんだよ。

よりより
だから山入りを多くして場数踏んで覚えようよ。

コチラをクリックしていただけるとランキングが上がります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村ランキングに参加中




いつもご覧になって頂き、ありがとうございます。こちらはYouTubeチャンネルJIMNY 4 LIFEのブログ版です。
FacebookInstagramTwitterでは日々の情報やブログYouTubeでは公開していない内容を発信していますので
ぜひフォローの方をよろしくお願いします。
また、ご意見、ご要望などございましたら、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。






よりより
本日もご覧いただき、ありがとうございました。
ではまた!



JIMNY 4 LIFEからのお知らせ

いつもご覧になって頂き、ありがとうございます。

こちらはYouTubeチャンネルJIMNY 4 LIFEのブログ版です。

FacebookInstagramTwitterでは日々の情報やブログ

YouTubeでは公開していない内容を発信していますので

ぜひフォローの方をよろしくお願いします。

また、ご意見、ご要望などございましたら、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。







おすすめの記事