【単独猪猟】狩猟車仕様のJB64ジムニーで一銃一狗を目指す!

令和2年11月5日(木)の旧ブログの記事をリライトしてみました。

改めて皆さんにご紹介したいと思っていますが

狩猟車として、JB64新型ジムニーを選択した場合

(もう新型とは言わないかもしれませんが…)

いくつかカスタムする必要があります。



少しでも参考になればと思い、動画を撮ってみました。

スミマセン、ウソですw

普通に、イノシシが獲れなかっただけです…。

(先に結論があるのもどうかと思いますが…w)


先日、有害駆除で入った山と同じ山なんですが

直線距離で500mほど離れた場所から入ることにしました。

なぜかというと、お墓ばかりなので…w

近くに民家もないし、幹線道路もないし

猟犬カシンが、ぶっ飛んでも迷惑をかける確率が少ないんでね。

山に入ってすぐに、イノシシの寝屋を発見!

 

 

 

 

 

※寝屋に、オシッコぶっかけるカシン。。。

それも新米猟師の僕にでも分かる「新しいやつ」。

これは期待出来ると

竹笛で呼び戻ししながら、なるべく離れさせないようにしました。

すると、40〜50m先でギャンギャン吠えるカシン!!!

スラッグ弾を3発込めて近づくも、イノシシ(と思われる)がドンドン逃げる。

気がつけば、300m以上離れてしまい回収することに。

さらに歩き回るも吠える声は聞けず…。

もうすぐ終わるというところで

ギャンギャン吠え出すも、すぐに逃げられ終了。

 

 

 

 

 

少しずつではありますが、成長していってます。

 

カシン
まぁ、あせんな!ってことよ。

よりより
それはキミがいう言葉じゃない!w
おすすめの記事