野生イノシシ、減少から回復か 豚熱根絶へ埼玉県が頭数管理強化

おはようございます、よりよりです。

豚コレラ(豚熱)に関するニュース記事をご紹介します。

3年前に埼玉県内の5カ所の養豚農場で感染が確認された豚熱。野生のイノシシが媒介し、流行が拡大したと言われる。豚熱に加え、県が捕獲を強化したことでイノシシの生息数は減少した可能性がある。だが、養豚農場での流行を避けるため、引き続き対策が必要だ。【山越峰一郎】

2019年9~11月、秩父市や小鹿野町など5カ所の養豚農場で豚熱に感染した豚が相次いで確認された。このため、県はイノシシ捕獲数を増やしたり、ワクチン入りのえさをまいたりするなど感染防止対策を強化した。県みどり自然課によると、18年度に1908頭だったイノシシの捕獲頭数は19年度に2355頭へ増加し、20年度は前年度の3分の1以下の704頭へ大幅に減少した。同課の担当者は生息数について「19年度より大きく減少したと推測される」としている。

東秩父村の渡辺桂亮(けいすけ)・県猟友会小川支部副会長(74)は捕獲だけでなく、豚熱に感染し生息数が減った可能性があるとみる。「豚熱で死んだためかイノシシを見かけなくなり、捕獲しても病気のためか脂がなく痩せていた。人が通る登山道近くでイノシシの死骸が見つかることもあったが、それまでこんなことはなかった」と振り返る。渡辺さんは19年の豚熱発生前は月20~30頭を捕獲していたが、21年11、12月は月6~7頭と少ないままという。渡辺さんは「もう数は戻らないのではないか」と話す。

「狩りでの遭遇率、目撃情報や農業被害の声からするとイノシシが減っている感じがする」。こう話すのは狩猟ベンチャー企業「カリラボ」(横瀬町)の吉田隼介さん(43)だ。横瀬町内の捕獲数は18年度49頭、捕獲を強化した19年度に64頭だったが、20年度13頭、21年度は1月までに18頭と激減したままだという。

県畜産安全課によると、19年度の捕獲イノシシの豚熱の陽性率は10%だったが、21年度は0・6%と大幅に減少した。しかし、イノシシの頭数が減り、陽性率が下がったとしても、イノシシ間の豚熱流行を終息させなければ、養豚農場の豚が豚熱に感染するリスクは残る。21年には宮城県、栃木県と三重県、滋賀県で豚熱の感染が確認され、養豚場での豚の殺処分が行われた。全国では豚熱は根絶できていない。

イノシシ生息数への豚熱の影響を国内で初めて確認した池田敬・岐阜大特任准教授(野生動物管理学)は「19年度は捕獲強化に加え相当数が豚熱により山中で見つからず死んでいた可能性はある。ただ以前より少ないとしても、タヌキなどが防護柵のすき間から養豚農場に侵入していることを確認しており、中型動物や鳥に付着して持ち込まれて豚熱が発生し得る。加えて、(19年の豚熱)発生直後に比べるとイノシシは増えている実感もある」と指摘する。

イノシシは多産で、東秩父でも21年秋に40~50キロの小さな個体が何頭か捕獲されており、頭数回復を警戒する声も一部で出ている。国は23年度までにイノシシを11年度の半分に減らす方針で、県は豚熱による変動を踏まえつつ、頭数の管理強化を目指している。

ニュース記事のこの部分

18年度に1908頭だったイノシシの捕獲頭数は19年度に2355頭へ増加し、20年度は前年度の3分の1以下の704頭へ大幅に減少した。

渡辺さんは19年の豚熱発生前は月20~30頭を捕獲していたが、21年11、12月は月6~7頭と少ないまま

イノシシの捕獲頭数が1/3〜1/4まで減少したのは

豚コレラによるイノシシの絶対数が少なくなったのが大きな原因とのことですが

今現在は増加傾向にあるようです。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

僕はこうして記事を書いている今現在も有害鳥獣駆除で山を回っているんですが

猟犬カシンや猟犬見習いリキがイノシシを起こすと嬉しいし

起こさないということはイノシシがいないということなので

地域住民の方にとっては嬉しいことなのしれませんが、僕的には非常に残念でなりません。

なぜなら、猟犬たちも頑張ってるし、シガキ(マチ、タツ、撃ち手)の方を

寒い中、待たせているので…。

一般的な方は気温も上昇しているので、暖かく感じるこの季節ですが

山中では、まさか日向の明るいところで待つわけもなく、日陰でじっとしているわけで

いつ突然来るかもしれないイノシシを今か今かと待つわけです。

他の猟隊の事情は分かりませんが、ウチ、特に僕が勢子をする猟場は

起伏の激しいところが多く、YouTubeでもよく無線が入らない、GPSに映らないと

言ってるかと思いますが、無線も入らない、GPSにも映らない中、じーっと待つのも

なかなか酷なものです。

 

カシン

ここから買い物をしてくれると

みんなの負担額はゼロ円で僕のおやつが増えるよ!

最終的にイノシシが自分のところに来れば、待った甲斐があってよかった

と思うでしょうが、その確率は来ない確率の方が遥かに高く、どうにかして起こせないものか

猟犬の動きを見ながら、地形や寝屋の位置を考えながら、回っているんですが

今期初、通算2度目、ひと声も鳴かずに終猟しました。

これは先日、イノシシにやられた動画をアップしましたが、その復帰戦です。

この原因は完全に僕の猟場選定ミス。

シガキの枚数が少なかったので、やれる場所が限られてはいたのですが

この反省を踏まえ、次回へとつなぎたいと思っています。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事