バズることを知らないユーチューバー!

おはようございます、よりよりです。

ご存知の方も多いとは思いますが

コチラのサイトは、YouTubeチャンネル「JIMNY 4 LIFE」のブログ版です。

YouTubeチャンネルの登録者数は、おかげさまで1,800人を超え

それに比例して多くの方にご覧になっていただき、大変うれしく思っています。

カシン
ん? 急にどうした?
あ、いや、急にっていうワケでもないんだけどね。

皆さんは「バズる」っていう言葉を耳にしたことはないでしょうか?
「バズる」っていうのは、情報がメッチャ拡散される、再生回数が爆発する
っていう意味だと思うんですが
YouTubeチャンネルの登録者数が1,000人を超えてる方の動画って
10万再生回数以上の動画ってのが、1つや2つはあるものなんですが、ウチはありません!w
これはYouTubeだけでなく、このブログはもちろん、Twitter、インスタ、フェイスブックも同様で
1度もバズったことがありません!w

よりより
トップページからフォローできます!
フォローしていただけると、最新の猟果、動画アップのお知らせ、日常の出来事などを
ご覧になることができます。

JB64
イラネー!

よりより
イラネー!って言うなよ。。。
話を戻しまして
1度もバズったことがないということはですよ?
その能力が著しく欠けているっていうことですよ!www
一応、これでもサムネイルやタイトル、タグに気をつけてはいるんですけどね。

カシン
クリックして応援してね!   にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ にほんブログ村 アウトドアブログへ
でも、逆に言えばですよ?
安定して読者の方や視聴者の方にご贔屓にしていただいている
とも言えるわけですよ。
ということで、改めていつもご覧いただきありがとうございます。

そんな皆さんはすでにお気づきでしょうが
他の狩猟系Youtuberの方との大きな違いの1つは、僕の射撃シーンが極端に少ないこと!w

JB64
あ、狩猟系Youtuberって言っちゃったw
JB64ジムニー系Youtuberじゃなかったの?

よりより
あっ、し、しまったー!
これは狩猟スタイルが違うだけなんです。
ウチは有害駆除がメインで、広義の意味であればグループ猟に分類されます。

JB64
他の方のYoutubeもグループ猟が多いじゃないかー!?
と、まぁこうなるワケなんですが
まず、猟犬見習いカシンは、いわゆる止め犬と呼ばれるイノシシを止めておいて
勢子や撃ち手が到着するのを待つタイプではなく
イノシシを追いかけてシガキ(マチやマチバ、タツとも呼ぶ)にかけるタイプなんです。
僕は猟犬を自分に合わせるスタイルは取りません。
僕が猟犬に合わせるスタイルを取っています。
あくまで僕は脇役であり、猟犬が主役なんです。
今はカシンが追うタイプなので、そのスタンスを取っていますが
これからカシンの質が変わってきたり、新たな猟犬が増えたりした場合は
その都度、調整、必要であれば変更をしていくつもりでいます。
今は、それなりに参加者がいますが、これからは減少していく一方。
そうなると、カシンのような猟芸だと、なかなか獲れなくなってくるのは明々白々。
ですので、カシンのような猟芸は一代限り。
カシンの子は取らずに、別の猟犬の仔犬を探しているのはこのことなんです。

次に、先ほども触れましたが、有害駆除はグループ猟です。
参加者全員にそれなりに発砲チャンスが巡ってくる方が、楽しいじゃないですかー!
いつも勢子ばかり撃つとなると、周りのシガキの方は
おいおい、俺たちは引き出し係かよ!
いつも勢子が撃つから面白くねーよ!
って、こうなりますからね。

自分が世話をしているカシンが起こしたイノシシが獲れたら僕の嬉しさ1。
シガキの方が撃って獲れたら、撃った嬉しさ1、あたった嬉しさ1、読みが当たった嬉しさ1で3。
全くイノシシすら来なかったシガキや撃てなかったシガキの方は、読みを外した後悔で-1
引き出しetcで-1(それ以上かな?)で-2
外したシガキの方は、撃った嬉しさ1、外した後悔で-1、引き出しetcで-1(それ以上かな?)で-1
僕が獲ったら、上記の嬉しさ1、撃った嬉しさ1、あたった嬉しさ1で3ですから。
僕が撃とうが撃つまいが、獲れたら常に嬉しさ1ポイントが僕に入りますからねw
ボーナスポイントですよw
といったところから、もしかして僕はシガキの方より楽しんでいるのかもしれません。
こういった楽しさも狩猟にはある
ということを動画を通して知ってもらいたいというところです。

最後に、地域にもよると思います。
数少ない僕の経験からなんですが、この地域には特段大きな個体はいません。
よく他の狩猟系YouTubeで100kgだとか120kgだとか、それ以上っていうのも目にすることもありますが
実際、僕が目で見て大きいなって感じたのは
先日、僕がヘッドショットで獲ったイノシシを大外からまくって行って
トップに躍り出て逃げて行った個体のみです。

※コチラの動画も合わせてご覧になっていただきたいのですが、内容は今回触れません。
ほとんどが40〜50kg、せいぜい80kgといったところでしょうか?
地形的にも他の地域から、なかなか入ってこれない(逆に言えばこっちからも出て行かない)ので
極端に言えば、固有種とも呼べるかもしれません。
また銃猟よりも箱罠が盛んなので
ウリが消えたばかりのイノシシが片っ端から捕獲されたり、カシンが咬み殺したり…
そんな感じで大きくなる前に捕獲されてる可能性もあります。
ですので、止まらずに逃げるイノシシが多いので、このような狩猟スタイルになる
というわけです。
たまに気性が荒いのがいると、反撃されることを忘れたカシンは怪我をすると
こう思うと、なんとなくつじつまが合う気がします。

ということで、長々と書いてしまったわけなんですが
こういったスタイルを取っているので、僕の射撃シーンはなかなか訪れないから
ああいった動画になってしまうということです。
ということで、これからもコツコツと細々とやっていきますんで、どうぞよろしくお願いします。

コチラをクリックしていただけるとランキングが上がります。
応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村ランキングに参加中




いつもご覧になって頂き、ありがとうございます。こちらはYouTubeチャンネルJIMNY 4 LIFEのブログ版です。
FacebookInstagramTwitterでは日々の情報やブログYouTubeでは公開していない内容を発信していますので
ぜひフォローの方をよろしくお願いします。
また、ご意見、ご要望などございましたら、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。







よりより
本日もご覧いただき、ありがとうございました。
ではまた!



JIMNY 4 LIFEからのお知らせ

いつもご覧になって頂き、ありがとうございます。

こちらはYouTubeチャンネルJIMNY 4 LIFEのブログ版です。

FacebookInstagramTwitterでは日々の情報やブログ

YouTubeでは公開していない内容を発信していますので

ぜひフォローの方をよろしくお願いします。

また、ご意見、ご要望などございましたら、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。







おすすめの記事