わな猟、銃猟問わず狩猟において、野生鳥獣を捕獲する際にはトレイルカメラがオススメ!

筆者が住んでる地域は、乱場と呼ばれる狩猟者登録をしていれば誰でも野生鳥獣を捕獲することができる区域と

鳥獣保護区が入り乱れている地域で、当然ですが鳥獣保護区に多く有害鳥獣であるイノシシが生息しています。

鳥獣保護区はその名の通り、たとえ有害鳥獣であっても保護対象になっており

有害鳥獣捕獲従事者でなければ捕獲できません。

ちなみに筆者の住む福岡県北九州市の有害鳥獣に指定されてる野生鳥獣はイノシシ、シカのみで

一般的にカラスは有害鳥獣というイメージをお持ちの方が多くいらっしゃいますが

立派な?野鳥でして、猟期以外の捕獲は禁止されています。

しかも厄介なことにゴミを漁るカラスの生息地は住宅地付近。

住宅地での発砲は禁止されているので、猟期でも手出しできないでいるのが現状なのです。

話を戻しまして

筆者の地域の鳥獣保護区では、たとえ有害鳥獣捕獲従事者であっても

イノシシを捕獲するには猟銃を使用してはいけないという

ローカルルールがありますので、罠をかけて捕獲するしかありません。

より効率よく、より効果的に罠で野生鳥獣を捕獲するために

トレイルカメラ(監視カメラ)の活用をオススメします。

トレイルカメラをオススメする理由

捕獲率を上げる

例えば、くくり罠でイノシシを捕獲するとしましょう。

まずは、所謂けもの道と呼ばれる野生鳥獣が通る道を探すことから始めます。

道路から見える位置への罠の設置は避けるため、山へ少し入ったところで目ぼしいところを見つけます。

絶対にやってはいけないことは、けもの道を踏むことです。

特にイノシシは猟犬以上に鼻が利くとも言われていますので、臭いでバレ、この道は危険だと判断し

その道は避けることになるでしょう。

足跡や食み跡を見つけたら、付近にくくり罠が設置できそうな丈夫な木があることや

仮に捕獲できた際に山から比較的容易に下ろせるかどうか

あなた自身はもちろん、罠にかかった獲物を安全に止め刺しができる場所かどうかを確認し

そこにトレイルカメラを仕込みます。

数日後、カメラにあなたが狙いをつけた獲物が映っていれば、あなたの見切りは正しいですし

その通しに罠を設置すれば高確率で捕獲することができるでしょう。

※カメラを設置していい場所に限ります

錯誤捕獲を防ぐ

錯誤捕獲といって、狙った獲物以外の野生鳥獣が罠にかかることがあります。

猟期内でかつ狩猟鳥獣であれば問題ありませんが、非狩猟鳥獣が罠にかかった場合、放獣しなければいけません。

箱罠であればリリースは容易ですが、くくり罠で放獣となると反撃され

怪我をする可能性があります。

錯誤捕獲を防ぐには、くくり罠のワイヤーや踏み板を調整することで解消されることもありますが

付近にどんな野生鳥獣が生息しているかを調査することによって、そもそも罠をかける場所を変えることができ

錯誤捕獲を未然に防ぐことができます。

 

どんなトレイルカメラがオススメ?

トレイルカメラは大きく2つに分かれます。

高性能なトレイルカメラ

こちらは筆者が使用しているトレイルカメラです。

CANPARKというメーカーのもので、当時amazonで購入したんですが

今は廃盤になっているらしく、商品リンクが見つかりませんでした。

ですので、例として別のものをリンクしておきますが

こういった高性能タイプは、4Kという高画質で撮影でき

センサーの反応も調整できます。

その場ですぐにディスプレイで映像を確認できますし

スマホでの確認もできます。

別売りのACアダプターを購入すれば常時電源を供給でき

Wi-Fiで接続すれば、自宅で防犯カメラとしても使用することもできます。

ただしネックは価格が高いところ。

筆者のトレイルカメラは当時、1万5000円近くしました。

シンプル機能のトレイルカメラ

こちらは今回提供して頂いたトレイルカメラです。

WOSODAさんというメーカーで、今現在amazonで最安値のトレイルカメラです。

機能は至ってシンプル。

撮影年月日の設定ほか、動画モードか画像モードかを選択

撮影インターバル、撮影モードをHi、Loで選択程度で他の機能は一切ついていません。

画質は1080Pで撮影できるので、野生鳥獣が何かを確認するには十分。

実際、山に行ってトレイルカメラで撮影してきました。

YouTubeチャンネルJIMNY 4 LIFEで、過去何度もトレイルカメラで撮影しましたがキツネが映ったのは今回が初めて。

こちらは夜間での撮影。

このくらい鮮明に録画されたら十分です。

どちらを選択するかはあなた次第

より鮮明に、ディスプレイですぐに確認したい、wi-fiで接続してスマホでの確認をしたい

という方であれば、迷わず高性能タイプ。

安価で余計な機能は一切ついておらず、確認も家でする方。

また、複数台設置したい方、コスパ重視の方であれば、シンプル設計タイプのトレイルカメラがいいでしょう。

詳細はこちらの動画をご覧ください。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

これから狩猟するにあたってトレンドアイテムの1つになるであろうトレイルカメラについてご紹介しました。

見切りの難しさ

特に初心者の方にとって、見切りと呼ばれる野生鳥獣の足跡の有無や新古の状況判断は難しいです。

ですが、実際トレイルカメラを設置することによって、どこにどういった野生鳥獣の種類や大きさ、頭数がいて

何日の何時頃通過したなど情報を得ることができます。

設置場所や画角によっては、前足がどこについたなどといった詳細が分かるので

そこにピンポイントでくくり罠を設置することで、捕獲率をアップすることもできます。

関係法令に基づいて米ぬかなどを撒いて、対象鳥獣を呼び寄せてもいいでしょう。

猟果を上げる一番の近道は?

あなたが勝負しようとしているフィールドは野生鳥獣のいわば庭。

だだっ広い山中でピンポイントで対象鳥獣の足をくくるのは、非常に難易度が高いのです。

孫子の兵法に“敵を知り己を知れば百戦危うからず”という言葉があるように

まずは野生鳥獣の生態を知ることが、猟果につながる一番の近道と言えるでしょう。

 

この記事を書いた人

新米猟師よりより

狩猟歴3年目の兼業猟師で週末猟師。

元スキューバダイビングのインストラクターで潜水士。

前世はポリネシア人の漁師らしい。

YouTubeチャンネルJIMNY 4 LIFEにてJB64ジムニーの紹介動画

狩猟釣り(主にカヤックフィッシング)キャンプの映像を配信中。

ブログFacebookInstagramTwitterなどのSNSでも情報を配信。

夏はカヤックフィッシングキャンプ、秋口〜春先にかけては主にイノシシの有害駆除の様子を

自身のYouTubeチャンネルで配信。

だが、全く法律違反していないのに誰かが通報し、警察署へ呼び出され

そのことをYouTubeで言って、記事を書いたらバズる。

先日有料級の記事を書いたらえらく好評だったので、シリーズ化したいと思ってる。

人気記事

趣味はプロレス観戦。

好きなプロレスラーはケンドーカシンなどのマスクマンや、グレートムタなどの怪奇派レスラー。

 

猟犬カシン

令和元年11月22日生まれで今現在1歳8ヶ月のオス。

(2021年7月現在)

よくラブラドールレトリバーに間違えられるが

父に実猟系の紀州犬、母に日向犬を持つ純和犬。

名前はプロレスラーのケンドーカシンに由来する。

普段は人や飼い犬に対してフレンドリーな性格を持つが

イノシシを前にすると勇猛果敢に吠え立て突っ込み、場外乱闘を得意とする。

そのため常に生傷が絶えない。

今年(令和3年度)の活躍に期待。

YouTubeでのカシンの成長記はコチラ

 

猟犬見習いタイガー

令和3年2月2日生まれ。

(正式な誕生日は分からないが、大体このくらいだろうとしている)

保健所がかけた罠で捕獲され、殺処分のところを引き取り

猟犬見習いとして飼育、訓練中。

名前の由来は息子の意見を採用し、タイガーマスクからタイガーと命名。

だが、筆者は勝手にタイガージェットシンから由来と決めつけているが

第一希望であったブッチャーにしておけばよかったと後悔している面もある。

好き嫌いは全くなく、とにかく食欲旺盛。

スワレ、オテ、オカワリ、フセ、ゴロン、呼び戻しはほぼマスター。

来期(令和3年度)デビューの予定なので、箱罠にイノシシがかかり次第、単犬であててみたいと思っている。

YouTubeでのタイガーの成長記はコチラ

タイガー
クリックして応援してくれニャ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事