ドーベルマン2頭また不明 柵内で飼育、飼い主は「盗まれた」主張

おはようございます、よりよりです。

先日、このブログでも取り上げましたドーベルマン母子脱走事件ですが

今回、また行方不明になり警察に通報したとのニュースが報じられています。

まずはニュース記事の方から。

11日午後、千葉県木更津市真里谷(まりやつ)で「飼育していたドーベルマン2頭がいなくなった」と飼い主から木更津署に申告があった。この2頭は4月に脱走した犬で、署と保健所は約20人態勢で12日も探した。12日夕時点でけが人や目撃情報は入っていないという。

署によると、2頭はメスの成犬(体重約35キロ、体長約70センチ)と生後約5カ月のオスの子犬(同15キロ、50センチ)。それぞれ赤と青の首輪をつけているという。飼い主が最後に確認したのは8日午後1時半。外出先から帰宅した同午後2時半ごろ、いなくなっていることに気づいたという。

飼い主の男性は12日夕、報道陣の取材に応じ、「逃げたんじゃなくて、盗まれた」と語った。高さ約120センチの柵の中で飼育しており、柵の中では鎖でつないでいなかったという。行方不明になった3日後に申告したことについては「(盗んだ)相手から連絡が来るかと思って様子を見ていた」と話した。

署などによると、4月22日にも今回の2頭を含む4頭が所在不明になり、同日夜にボランティアで探していた女性らが近くの道路で発見し確保。飼い主に引き渡されていた。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

前回はイノシシのせいにし、今回は盗んだであろう誰かのせいにしている

といったことがネット上で騒がれています。

前回は鎖を切って脱走したとのことでしたが、今回は高さ120cmの柵の中で飼育していたとのこと。

柵の中での飼育との記事なので、頑丈な檻をイメージしていたんですが

このニュースを見ると、とても丈夫とはいえないただ仕切っているだけの簡易的なフェンスでした。

またこのニュース内で、前回逃げ出したドーベルマンの子犬1頭を飼育している

アニマルグリーンアップルの高橋里衣さんは「飼育環境は劣悪」と証言しています。

僕もこの動画を見ましたが、とても大型犬を飼育、繁殖しているとは思えない環境でした。

僕はYouTubeで猟犬を伴った狩猟、主にイノシシの有害鳥獣駆除の動画を配信しています。

開設当初は猟犬に対して悲観的なイメージがあったのか、散々叩かれました。

ですが、猟犬の地位向上のためにも動画を配信し続けた結果

今ではありがたい視聴者さんに恵まれています。

そういった所謂アンチな方は、この事件についてどう感じてらっしゃるか意見を聞いてみたいですね。



この記事を書いている今現在、脱走して4日以上経過しています。

本来であれば帰巣本能があり、飼い主の元へ戻るんですが

逃げ出したドーベルマンは、家に帰りたくないと思っているのかもしれません。

ですが、この飼い主の方の主張通り、もし盗まれたのであれば

一日も早く飼い主の元に戻り、セキュリティーの見直し、もう二度といや三度目の正直

ということで環境改善に取り組むか、飼育をやめるかにして欲しいところです。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事