SUPツアー参加の看護師、漁船と衝突し死亡…82歳船長「気付いた時はぶつかっていた」

おはようございます、よりよりです。

少し前のニュースになるのですが、僕の身に起きる可能性があるので記事にしてみました。

まずはニュースをご覧ください。

5日午前10時40分頃、福井県高浜町和田の沖約250メートルの若狭湾で、水上スポーツ「スタンドアップパドルボード(SUP)」をしていた同県小浜市の看護師女性(29)に、若狭高浜漁協(高浜町)所属の漁船「栄進丸」(4・11トン)が衝突した。女性は心肺停止状態で病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。

小浜海上保安署によると、栄進丸は船長の男性(82)(高浜町)が近くの和田港に向けて1人で操船していた。「気付いた時は人とぶつかっていた」と話しているといい、同署が業務上過失致死容疑を視野に原因を調べている。

女性は午前10時頃から、地元業者のSUPツアーに、インストラクター(34)の引率で参加していた。事故当時、参加した6人が並び、インストラクターが写真を撮っていたところ、漁船が来て女性が巻き込まれたという。当時波は穏やかで、視界も良かったという。

SUPはサーフボードに似た板の上に立ち、パドルをこいで進むスポーツ。近年人気が高まり、沖合に流される事故も発生している。現場付近では年間を通してSUPを楽しむ人が多いが、港に出入りする漁船が行き交うこともあるという。

SUPとはスタンド・アップ・パドルボードの略で、サーフィンのようなボードの上に乗って

パドル(オール)で漕ぐマリンスポーツです。

近年、若者に人気のあるスポーツだと聞いたことはありますが、僕自身、見たことはありません。

おそらくそういった海域に行かないからだと思いますが…。

そのSUPで釣りをするSUPフィッシングをやってる方も少なくないと聞きます。

SUPフィッシングもカヤックフィッシング も立ってするか、座ってするかの違いなだけで

大体似たような感じかと思うので、今回の事故は決して他人事ではないと思うのです。

タイガー
クリックして応援してくれニャ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

カヤックで釣りをしていると、よく漁船が近くを猛スピードで走ってわざと波を起こす嫌がらせをする

なんて聞くことがあるのですが、僕自身はそんなことをされた経験がありません。

されたことがあっても、気づいていないだけかもしれませんが…w

僕も一応、小型船舶1級の免許は持っていますので、漁船の方の立場で考えてみると

カヤックはうざい…

と思ってると思いますよ。

こっちは漁協に入って金払って漁をしているのに、チョロチョロしやがって…

みたいな感じでね。

なので、なるべく近づかないようにしたり、航路に入らないようにしています。


←釣り動画はコチラで14日間無料で観れます

今回の事故は、ニュース記事を見る限り、それとは少し違うように思えます。

事故当時、6人+インストラクターの計7人以上で写真を撮っていたところ、漁船が来て巻き込まれた

というところから、漁船の方の前方不注意が原因なのかもしれません。

明日は我が身とも言えるような事故。

ちょっとスミマセン…、ちょっとお邪魔します的なスタンスで、残り少ない期間を楽しみたいと思います。

 

おすすめの記事