【狼の群れと暮らした男】オオカミから学ぶ狩猟スタイル

令和2年10月30日(金)の旧ブログの記事をリライトしてみました。

以前、「武田鉄矢の今朝の3枚おろし」っていうラジオ番組で

狼の群れと暮らした男

という本を紹介していたのを聞いて、興味がわき

早速、本を買って見てみました。


これはね、ハッキリ言って面白いです。

え?

それじゃ、レビューになってないって?w

おk、おk、軽く紹介しましょう!

 

 

 

 

 

 

 

著者であるショーンというイギリスの青年が

いつしか狼の群れに、狼として入りたいと思うようになりました。 

(ウソだろ?みたいなのは置いといて…)

んで、結果、現代人として初めて狼の群れに、狼として入ることに成功し

狼の生態や群れのしきたりを学ぶことに。

そういった経験を元に

狼や犬に関する数々の難題を解決していく

っていう内容です。


その中で、特に注目すべき内容をご紹介します。

狼と犬とのDNAの違いは、わずか0.2%ほどの近縁種だそうで

狼も(元々は)犬も群れで生活をする捕食者であり

1頭、1頭、それぞれに役割があるそうです。 

 

まずは、アルファ(ボス)

次に、ベータ(幹部)なんですが

・エンフォーサー(用心棒)

・テスター(品質管理者)

に分かれます。

 

専門職として

・ハンター

・乳母役

・オメガ(仲介役)

あとの、ほとんどの狼が「メンバーたち」に所属し

その中でも、上位、中位、下位に分かれ

その役割の多くは、見張り役になってるそうです。

ザーッと説明しましたが、お分りになったでしょうか?


詳しくは、本を読んで欲しいんですが

ウチの猟犬カシンは、一体どのポジションにいるか

を、次回紹介したいと思います。

また、これを分かった上で、猟犬を使った狩猟系YouTubeを見ると

また違った見方が出来て、面白いと思います。

猟犬だけでなく、愛玩犬を飼われている方にもオススメできる本です。

よりより
イノシシを知り、猟犬を知れば百戦危うからずってね!

カシン
両方分かってないから勝率が低いんだな。。。

よりより
そんな痛いところを突くなよな!

本日もご覧いただき、ありがとうございました!

ではまた!

ランキングに参加しています。

クリックして応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ
にほんブログ村


おすすめの記事