アントニオ猪木氏 自身と同じ1メートル90の墓を青森に建立 中央には「道」の刻印

おはようございます、よりよりです。

アントニオ猪木さんが自身のお墓を建立したとのことですが

驚きの内容がありましたので、ご紹介させて頂きます。

元プロレスラーのアントニオ猪木氏(79)が青森県十和田市に「アントニオ猪木家の墓」を建立した。建立式を22日に行い、19年に亡くなった妻・田鶴子さんの納骨などを済ませた。墓は夫妻がよく訪れた蔦温泉旅館の近くにある。墓の高さは猪木氏の現役時代と同じ1メートル90。中央には「道」、さらに猪(いのしし)と木の絵などが刻まれた。

関係者によると、全身性アミロイドーシスで闘病中の猪木氏は、式典で出席者らに謝辞を述べ、最愛の人を見送ったという。

カシン
オイラのファンの方はクリックしてね!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ

僕はこう見えて(あ、分かりますよね?w)プロレス好きなんですが

僕世代は、アントニオ猪木というよりも、橋本真也、蝶野正洋、武藤敬司といった

闘魂三銃士でした。

僕が小学校低学年の頃は、ゴールデンタイムに放映されていましたが深夜に移行。

当時、ビデオで録画するといったこともなかったため、眠たい目をこすりながら

テレビにかじりついていたものです。

僕も将来プロレスラーになりたいと思っていましたが、身体が小さくあまり運動神経もなく

心も弱かったので、負ける役になるのは嫌だと思い、断念しました。

その後、身長が高くなったのですが…。



さて、この記事の気になるところは、イノシシの絵が描かれたというところです。

これはなぜかと思い、いろいろググってみた結果、過去にご自身がデザインしたとのこと。

どういった経緯でそうなったかは分かりませんが、自身が入る予定の墓にデザインするということは

余程、思い入れがあるのでしょう。

また、ご自身は神奈川県横浜市出身とのことですが、青森県にお墓を建立したということは

何かしらの縁か思い入れがあるのかもしれませんが、青森県といえば僕が大好きなプロレスラーである

ケンドーカシンの出身地(おそらく現在住んでいると思われます)。

アントニオ猪木の近くにいたプロレスラーの1人として、将来お墓参りするのではないか?

と思うと、胸熱でたまりません。



話を戻しまして、僕もそれなりの歳になりました。

いつ何があってもいいように、家族にバレたくないものを整理しようと思います。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事