「山に毒ヘビ70匹捨てた」組員供述で騒動 41年前、滋賀で恐怖の大捜索

おはようございます、よりよりです。

ジムニー狩猟有害鳥獣駆除とは関係ないようでいて関係あるような

ニュース記事をお伝えします。

1980年7月、衝撃的な情報が滋賀県多賀町にもたらされた。密輸容疑で逮捕された暴力団組員が、タイから拳銃と一緒に持ち込んだ毒ヘビを同町山間部の国道から断崖に向けて捨てたと自供した。その数なんと70匹。しかも猛毒を持ち、現地でも恐れられているラッセルクサリヘビとコブラ。凍死させて捨てたつもりが、生き返った状態で見つかったことから、町は大騒ぎになった。大規模な「ヘビ狩り」が始まり、安全宣言を発表するまで1年5カ月を要した。

■国道で発見「ツチノコちゃうか」

予兆はあった。組員が自供する9日前、バスの運転手が国道上で横たわる大きなヘビを発見した。別の日には草刈り作業中の住民が見慣れないヘビを見つけ、町役場に持ってきた。

入庁3年目だった小菅俊二副町長(67)が、そのときの光景を覚えていた。「異様な形で最初は『ツチノコとちゃうか』と思った。シュッ、シュッと音を出して威嚇してきた」。学者の鑑定で、インドなど南方に生息する毒ヘビのラッセルクサリヘビと判明した。「なぜこんな場所に?」。町職員が発見場所を捜索したが、そのときは異常はなかった。

7月12日、警察からの一報で事態は急変した。発見現場付近でラッセルやコブラなど計70匹が投棄されたとして、町に捜索を依頼してきた。

組員はタイで、木箱に入れたヘビに拳銃を紛れ込ませて日本に持ち込んだ。用済みとなったヘビはドライアイスで凍らせ、6月21日に土地勘のあった現場に捨てた。組員はヘビが生き返ったことにショックを受けたという。

京都新聞は1面トップで「多賀町 毒ヘビの恐怖」と伝えた。警察官や町職員、消防団員らが捜索を開始し、広報車などで町民に警戒を呼び掛けた。万一に備えてラッセルとコブラの血清も用意した。

現副町長の小菅さんも捜索に加わった。ヘビの毒牙は靴も突き通すといわれ、「足に新聞紙を巻いてから長靴を履いた」と振り返る。

■「捜索中、みんな殺気立っていた」

捜索は連日続き、1日最大265人が断崖や下を流れる犬上川の河川敷を歩いた。この間、生きたラッセル1匹と多数のヘビの死骸や骨を見つけた。ヘビの総数と組員が自供した数がほぼ一致したこともあり、12日目に捜索本部を解散した。ところが1カ月以上たった9月に、現場から500メートル離れた採石場の岩の上でとぐろを巻くコブラが見つかり、再び大捜索が行われた。

「捜索中はみんな殺気立っていた」と小菅さん。見つかった毒ヘビはその場で首を切られ、在来のヘビも巻き添えで殺されたという。京都新聞は「大捜索で血祭り」の見出しで現場の空気を例えた。もとよりヘビに罪はなく、年末には投棄現場に捜索関係者が集まり、ヘビ供養の法要が営まれた。

今では考えられないような事件ですが、もしこれが今起きたとしたら…

狩猟有害鳥獣駆除どころじゃないですよ。

もちろんキャンプなんか出来ないし、ジムニーのオフロード走行林道走行も

怖くて出来ないでしょう。

今現在、こういった危険な動物や「池の水ぜんぶ抜く大作戦」に出てくるような外来種は

飼育や輸入が制限されているものもあります。

よくYouTubeインスタツイッターなどでコメントを頂く方に

ヘビなどの爬虫類を飼育するのが趣味の方がいらっしゃいますが

こういったきちんと飼育されている方が一番迷惑するような行為ですよね。

僕はあまり興味はないのですが、見るのは好きでYouTubeでたまにこの方の動画を見ています。

真夜中のビバリウム

ヘビはもちろんのこと、アヒルやコウモリ、アカブチジャネットとかいうネコの種類などなど

多数の動物を飼育し、動画を配信しています。

チャンネル登録者数や視聴回数は群を抜いていて、それだけで十分過ぎるほど飯が食える

ユーチューバーでもあります。

その分、飼育が大変でしょうが、簡単な動画編集で羨ましい…といった側面もあります。

あまり興味のない方が多いとは思いますが、箸休めにちょうどいいかと思います。

もちろんJIMNY 4 LIFEYouTubeチャンネルもよろしくお願いします。

カシン
おーい、クリックするの忘れてるよ〜!
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
おすすめの記事